top of page
検索
  • 執筆者の写真Rie Shintani

2024 新年のごあいさつ



あけましておめでとうございます


昨年は、6作品の映画にオフィシャルライターとして参加し(うち3作は現場から参加)、映画と共に歩めた一年になりました(詳細はHPのお仕事履歴にまとめました!)。


また、映画の基礎となるシナリオを学んでみたいと思い、昨年6月からシナリオの学校へ。週一回の講座ですが、学ぶことの楽しさ、感じています。


毎年、新年の抱負を掲げることはあまりせず、自分が感じた風の流れに身を任せるようにしているのですが、その“風”になりそうだなと思う詩とは、もう出会っています。


それは、茨木のり子さんの詩。彼女の詩は、ときどき読み直すことが多いですのですが、年末は「倚りかからず」という詩集を読み直しました。そのなかで、じっくり何度も読み返したのは「時代おくれ」 という詩。


- - - - - - - - - - -


「時代おくれ」


車がない

ワープロがない

ビデオデッキがない

ファックスがない

パソコン インターネット 見たこともない

けれど格別支障もない


   そんなに情報集めてどうするの

   そんなに急いで何をするの

   頭はからっぽのまま


- - - - - - - - - - -


──と、言葉は続いていきます。


そんなに情報集めてどうするの、そんなに急いで何をするの、この言葉が、今の私にはとても響いた。


何かを発信する時にインプットは必要ですが、あっちもこっちも情報だらけで、これじゃあ頭の休まる時間がないよ……と思うこともあって。だから、今回はこの詩が心にひっかかったのではないかと。


必要な情報は確実にあります、手にしなければならない情報もあります。けれど、たぶん、受け取らなくてもいい情報も多くて、とても多くて、何もしなくてもドドドドドッと流れ込んできてしまっている。情報の受け取り方をよりコントロールしないとならないなと思っています。


時間は限られている。1日の時間も、人生の時間も限られている。その時間は、その選択は、その情報は、自分の人生を豊かにするものなのか──を考えながら、2024年を歩いていけたらいいなあと。


長くなりましたが、2024年もどうぞよろしくお願いします!


2024年 元旦



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こつこつと続ける。

「フリーのライターになります!」と、新潟から東京へ出てきて、編集者からフリーランスのライターに転身したのが、いまから19年前。この3月から20年目の年がはじまります。 思い返すといろいろあったと思うのですが、「えっ、もうそんなに時が流れたの?」と、あっという間でした。たくさんのご縁に恵まれて、ほんと感謝、感謝です。 仕事の内容は、編集部時代も今もさほど変わってはいないのですが、マイナーチェンジはし

Comments


bottom of page